ホーム  >  専任媒介などの取引態様について

取引態様とは

物件に関しての不動産屋の立場の事で、取引態様によって買主(借主)に仲介手数料の費用が発生する為、募集、広告する際にはこれを明示することを法律で義務付けられています。

 

種類としては下記の3種類となります。

〈売主、貸主〉

物件の所有者なので、仲介ではないので仲介手数料はかかりません。

 

〈代理〉

不動産屋が売主、貸主に成り代わって契約を行います。

基本的に仲介手数料がかかります。

(ですが、売主、貸主側と不動産屋との取引内容によっては、仲介手数料がかからない場合があります。)

 

〈仲介(媒介)〉

 基本的にはこれになります。

売主(貸主)と、買主(借主)の間に入り、契約や募集の取引を行います。

 

仲介(媒介)には、さらに3種類あります。

これの違いで、買主、借主(買う側、借りる側のお客様)が損得することはありません。

 

 ですが売主、貸主側にとっては重要な取り決めになりますので、これに関しては次回。

 

3種類を名称だけ。

〈専属専任媒介〉

〈専任媒介〉

〈一般媒介〉(媒介とだけ書く場合もあります)

 

 

 

売りたい方へ 貸したい方へ

ご紹介させていただきます物件につきましては
契約時に仲介手数料を頂戴いたします。(貸主、売主物件を除く)
また、全ての条件を載せることができませんので
諸条件は、弊社担当にお聞きください。
売買物件に関しては、直接お問い合わせください。
希望条件をお知らせいただけましたら
物件情報をご紹介させていただきます。
準工地、工業地を中心に取り扱っております。

土地の有効活用売買取引事例

会社案内・アクセス

東京都足立区谷在家1丁目8番12号
Tel:03-3890-8314
Fax:03-3890-8335
Mail:info@masahiro-s.com

お店を閉めようとしている方へ


ページトップへ